むくみが与える身体への影響について

query_builder 2024/04/01
コラム
17

足や手のむくみで、悩んでいませんか。
そのままにしていると、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。
そこでこの記事では、むくみが与える身体への影響について紹介していきます。


▼むくみが与える身体への影響
■細胞の機能低下
慢性的なむくみは、内臓や皮膚などにとって良くありません。
血液やリンパ液の流れが妨げられるので、栄養や酸素などが身体の組織に供給できなくなります。
これにより内臓や皮膚などの細胞が正常に機能できず、免疫力が低下したり肌の状態が悪くなったりします。
また血液循環が悪い状態が続くと心臓に負担がかかるため、心臓疾患のリスクを高める可能性もあるでしょう。
■消化器官への悪影響
むくみは、消化器官へのダメージも大きいです。
身体がむくむと腸の水分吸収が悪くなり、粘膜に水分が溜まります。
これにより消化機能が悪くなるため、栄養の吸収がスムーズにできなくなります。
栄養を吸収できなくなれば、身体だけでなくメンタル面にも悪影響を及ぼすでしょう。
■関節や筋肉の違和感
むくみは、関節や筋肉に違和感を与える可能性もあります。
身体に溜まった余分な水分が関節や筋肉を圧迫し、痛みや不快感を与えます。
特に手や足の関節は影響を受けやすいため、早めに対策することが大切です。


▼まとめ
むくみによる影響には「内臓や皮膚などの細胞」「消化器官」「関節や筋肉」などが挙げられます。
また、むくみは心臓疾患の発症リスクを高める要因でもあるため、改善や予防が必要です。
当サロンは、オールハンドでお客様の健康と美容をトータルサポートしています。
江東区で通いやすいエステをお探しの方は、ぜひご来店ください。

記事検索

NEW

  • 肩こりが身体に与える影響とは?

    query_builder 2024/07/08
  • 血行不良による影響とは?

    query_builder 2024/07/01
  • 筋膜リリースの効果とは?

    query_builder 2024/06/22
  • 顔のたるみが起こる原因とは?

    query_builder 2024/06/15
  • 完全予約制のエステサロンに行くメリットとは?

    query_builder 2024/06/08

CATEGORY

ARCHIVE